blog

停滞期はカラダが正しく働いている証拠

巻き尺と体重計
こんにちは!
ゆきどけのブログをご覧いただきありがとうございます。
パーソナルトレーナーの近藤です。
 
 
ダイエットで順調に体重と体脂肪率が落ちていたのに、
いつの間にか、落ちなくなった経験はありませんか?
 
いわゆる “停滞期” ですね。
 

食事制限や運動を頑張っているのに、何日も変化がないと憂鬱になってしまいますよね。。。

『体重は落ちないし、私はいったい何をしているんだろう。。。』
と思い、暴食してしまった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにお伝えしたい!

停滞期はカラダが正しく働いているからこそ起きる現象であるということです。

そこで今回は、停滞期とは何かを見ていき、その抜け出し方まで解説いたします。

最後までご覧いただければ、きっと停滞期と上手に付き合えるようになるでしょう。

是非、あなたのダイエットにご活用ください!

 
 
 
停滞期とは?
 
一言でざっくりと、、、
 
『停滞期とは、カラダが代謝量を落として、
これ以上脂肪が燃焼しないようにする反応。』
 
 
ダイエットは、普段食べている食事を見直して、
 
摂取カロリー < 消費カロリー の生活を目指します。
 
摂取カロリーが消費カロリーより少ない分、
体脂肪からエネルギーを生み出し、痩せていくといったところ。
 
 
ただ、人間にとって体脂肪は大切はエネルギー源で、ある意味 “資産” なんです。
 
その大切な資産を失ってしまわないように、守ろうとするんですね。
 
消費カロリー側、いわゆる代謝を落として、
 
摂取カロリー = 消費カロリー のバランスになろうとします。
 
結果として、脂肪燃焼が止まり、体重減少も止まります。
 
これが停滞期の仕組みです。
 
 
 
それは停滞期ではありません。。。
計算間違い
体重減少が止まった瞬間に、停滞期に入った!
と思われることがあります。
 
一例を出しますと、
 
『ダイエットを始めて1週間はストンと体重が落ちたけど、
それ以降は芳しくない。。。これが停滞期!?』
 
といった感じ。
 
これは、はじめの1週間はカラダから水が抜けただけで、
そこからが、脂肪燃焼スタートです。
 
この例以外にも、体重減少が止まるタイミングはいくつかあります。
 
 
体重と体脂肪は、右肩下がりの直線上に落ちていくわけではありません。
 
ちょっと落ちて少し間があって、ちょっと落ちて少し間があっての繰り返しです。
 
その時の体調の良し悪しであったり、女性の場合は生理であったり、
一時的な停滞であって “停滞期” ではないことが多いです。
 
 
 
停滞期の抜け出し方
 
停滞した!と思っても、ひとまずは慌てずそのまま粘ってください。
 
上記でお話したように、そもそも停滞期ではない可能性があります。
2週間ほど粘ってもうんともすんとも言わない場合、対処していきましょう。
 
 
では、停滞したときに抜け出すための対処法をご紹介いたします。
 
大前提として、正しい食事管理と運動を取り入れ、
睡眠時間も十分なダイエット中である上でのご提案です。
 
極端な食事制限であったり、非健康的なダイエット中には当てはまりません。
 
① → ② → ③ or ④ 
の順で行うことをおすすめいたします。
 
また、いずれかを行ったあとも様子見の期間を設けてください。
 
 
①1日だけ摂取カロリーを増やす
 
ハイカーボデイを設け、普段の何倍もの糖質を摂ります。
 
一度落ちた代謝を底上げし、再び脂肪燃焼を引き起こします。
 
摂取カロリー = 消費カロリー の消費カロリーを引き上げ、
摂取カロリー < 消費カロリー に戻すイメージ。
 
『これまで頑張ってダイエットしてきたのに、食べるなんてこわい。』
と心配な気持ちも分かります。
 
ただ、中途半端に行ってしまうと効果が期待できません。
思い切ってグッと糖質を摂取してください。
 
確かに、一時的に体重は増えます。
その後、徐々に体重は落ち、停滞期で止まっていた数字を越えていきます。
 
 
②ダイエット方法を変える
青いダンベル
現在、純粋なカロリーコントロールをしているのであれば、
糖質管理や脂質管理に切り替える方法です。
 
脂肪燃焼に至るまでのメカニズム自体を切り替えて、
カラダに新しい刺激を与えてあげるイメージ。
 
人によって自分のカラダに合ったダイエット方法は違います。
 
あなたに合ったものを見つけるためにも、挑戦してみてください。
 
 
③摂取カロリーを落とす
 
摂取カロリー = 消費カロリー から摂取カロリーをより落として
摂取カロリー < 消費カロリー に戻すイメージ。
 
ダイエットと言うよりは “減量” 的食事制限をしている方や、
結婚式があるなど、ダイエットのお尻が決まっている方向けです。
 
摂取カロリーをより抑えるわけなので、
“健康的” とは少し離れることに留意しておく必要があります。
 
また、この摂取カロリーを落とす方法は、
必ずダイエットを終える期日を決めてから行いましょう。
 
ずっと続けてしまうと、代謝が落ちきってしまいます。
 
そうなるとリバウンドの可能性が高まりますし、
落ちきった代謝を立て直すのにとても苦労します。
 
 
④ダイエットを一時中断する
ストップの標識
期日が決まっておらず、①と②も試した場合は、
一度ダイエットから離れてみましょう。
 
停滞期でなくとも、ダイエット前の体重から 5%以上落ちた場合も、一時中断をおすすめいたします。
 
一度に落としすぎると、リバウンドの可能性が高まるためです。
 
①と②を試しても停滞期を抜け出さない場合、
代謝を回復させるには時間が必要な場合が多いです。
 
ダイエットは少なからずストレスが伴います。
 
精神的開放のためにも、一度距離を置きましょう。
 
ただし、開放されたからと言って暴飲暴食はしないことです。
あくまで、再びダイエットするための “メンテナンス期間” と捉えてください。
 
このタイミングをモデルさんや俳優さんは、
今度は筋肉を積極的につける “増量期” にしていますね。
 
筋肉をつけて再びダイエットした時、
もっと簡単に脂肪燃焼しやすいカラダに仕上げるわけです。
 
しっかり代謝と体調を回復して、次のダイエットに備えましょう。
 
 
 
まとめ(停滞期との付き合い方)
 
“停滞期” と言うと、なんだかネガティブな印象があると思います。
 
そこで、私が強くお伝えしたいのは、
 
『停滞期はカラダが正しく働いている証拠』ということです。
 
正常に働いているからこそ、脂肪燃焼するし、停滞もします。
すなわち、停滞を乗り越えれば、また脂肪燃焼が期待できるのです。
 
このいたちごっこをいかに対処できるか。
 
それがダイエットのコツであり、楽しみでもあります。
 
『停滞期は起きて当たり前』と受け止めると、
ストレスも感じにくいのではないでしょうか。
 
停滞期に入っても焦らずうまく対処して、
ダイエットを楽しんで参りましょう!
 
 
 
以上、ダイエット中に起きる停滞期について書いてみました。
 
あなたのフィットネスライフに少しでも貢献できれば幸いです!
 
 
 

【鏡の“ワタシ”を好きになる】

 
岐阜市のダイエット専門プライベートジム『ゆきどけ』です。
 
モデルやアスリートを指導する実力派トレーナーが在籍。
 
第一線で培われたトレーニングと食事指導で、あなたの“なりたいワタシ”を健康的かつ最短で叶えます。
 
さぁ、ゆきどけで人生を変えてみませんか?
 
今から3か月後、これまでの悩みがウソだったかのように感じられるはずです。
 
ご一緒に、丁寧に、鏡の“ワタシ”を磨いて参りましょう。
 
まずは無料カウンセリングにて、お話しでもさせていただければと思います。
 
 
ゆきどけでは、ご入会前に無料カウンセリングを設けております。
 
無理な勧誘は一切ございませんので、お気軽にお申し込みください。
 
無料カウンセリングと体験パーソナルトレーニングのご依頼は『こちら』から。
 
(体験をご希望の方は、備考欄に『体験パーソナルトレーニング希望』とご記入ください。)
 
 
それでは、ご来店心よりお待ちしております!
 
 
岐阜市のダイエット専門プライベートジム『ゆきどけ』
代表・パーソナルトレーナー
近藤寛
TOP